乾燥肌も防げるアトピスマイルについて

アトピスマイルにはライスパワーNo.11が配合されているので、肌の水分保持能力の改善効果を得ることができます。

さらに、アトピスマイルを塗ることで肌表面の皮膚膜を成分を与えて、肌を守ることもできます。

また、アトピスマイルには防腐剤や界面活性剤が含まれていますが、界面活性剤は水と油を混ぜる際に必要になります。

防腐剤であるパラベンは、パラベンを何種類か合わせることにより、パラベンの配合量を少なくしつつ防腐剤の効果を高めることができます。

ちなみに、パラベンは他の化粧品にも配合されていますが、アトピスマイルでも規定量以内なら肌荒れに悩まされずに使えます。

そして、アトピスマイルにはライスパワーNo.11以外の成分に、肌の保湿や抗炎症作用を持つ成分を含んでいます。

その上、肌にベタつかない成分も含むので、アトピスマイルをベタつかないクリームとして使うことができます。

アトピスマイルにより、乾燥肌やアトピーによってかさついた肌を柔らかくしてくれる他に、肌に保湿成分をあたえます。

そして、アトピーだけでなく肌のトラブルであるしわや肌のかゆみにも効果を発揮してくれます。

アトピスマイルを肌に塗れば、肌を乾燥から守ってくれるので、乾燥肌を防ぐことができます。

アトピスマイルはアトピーの他に乾燥肌やインナードライの人でも塗ることで効果を実感できるので、乾燥肌を改善できます。

アトピスマイルの口コミ

手汗は姿勢からでも起こる

手汗は緊張などのストレスや体質、肥満などから発生してしまうのですが、意外と気にしていない人が多いのが姿勢です。
手汗は姿勢が悪くなると大量に出てきてしまいます。
人間には横隔膜と呼ばれる呼吸器官に関係する筋肉があります。
そこが自律神経と呼ばれる神経とかなり関係しています。
姿勢が悪くなると横隔膜もどんどん退化していきます。
横隔膜は筋肉の事ですので、筋肉は使わなければ退化するのは当たり前です。

その横隔膜が退化して起こるのが自律神経のバランス崩壊です。
自律神経のバランスが崩れる事でコントロールしていた手汗などもコントロール出来なくなり、大量に汗を出してしまうのです。
なので姿勢を良くする事でも、横隔膜の筋肉を退化させずに済みますし、自律神経のバランスを整えてくれるので手汗を抑えるのにはとても効果的です。

ストレスなどもそんなに無く、肥満というレベルでもない。
でも手汗をかいてしまう。

そういう人はもしかしたら姿勢が悪くて手汗をかいてしまっているかもしれません。
手汗には様々な要因がありますが、ストレスや体質の問題だけではなく生活習慣の要因もかなり大きいです。

手汗をコントロールする自律神経のバランスを保つ為にも、そして年を取った時に変に曲がった腰や身体にならない為にも、姿勢は常日頃から意識して正しくして生活しないといけません。
そうすると手汗での悩みも少しは改善していくでしょう。

手汗対策に関する情報サイトはこちらから